HIBIYA KADAN ifeel

NEWS

2017.10.27   JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK(JTCW)2017 に、日比谷花壇と広島県安芸郡熊野町の伝統工芸がコラボレーションした「熊野筆」が展示されます。

2017.8.1   女性をターゲットにした新しいスタイルの納骨堂「ゆめみどう」が麻布十番・龍澤寺にオープン致しました。

HIBIYA KADAN ifeel


女性によるクリエイティブディレクションチームが様々なアートワークのお手伝いを致します。


concept

「モノのデザイン」から「コトのデザイン」へ
日々の暮らしの中で、「素敵なモノ」だけでは、
こころがときめきません。
その「モノ」のデザインの後ろにあるもの、
ストーリーがなければ、
こころに響かない、と私たちは考えています。
デザインのひとつひとつがつながり、
世界観をもった全体像を感じることが大切だと。
「HIBIYA KADAN ifeel」は、
クリエイティブディレクター・石賀美樹を中心に、
女性スタッフたちが感じるストーリー、さまざまなコトを「旬の花」と
「こだわり」のデザインディレクションにてご提案します。

work

space

field

「こころの豊かさ」を
さまざまなディレクションでご提案します。
「モノのデザイン」から「コトのデザイン」へ

about

「HIBIYA KADAN ifeel」は、
クリエイティブディレクター・石賀美樹が感じるストーリーを軸に、
さまざまなコトを「旬の花」と「こだわり」のデザインディレクションをご提案します。

㈱日比谷花壇 執行役員
クリエイティブデザイン部 部長
石賀 美樹

はじまりは、1本の花でした。その花をさらに美しく魅せるブーケやアレンジメントフラワー。花たちが彩る空間、シチュエーション、たくさんの方に知って頂く為のツールグラフィック。また、一瞬の輝きを身近に感じていただくイベントなど、すべては、花の美しさを表現するためにはじめたデザインワークです。はじまりは、1本の花でした。その花をさらに美しく魅せるブーケやアレンジメントフラワー。花たちが彩る空間、シチュエーション、たくさんの方に知って頂く為のツールグラフィック。また、一瞬の輝きを身近に感じていただくイベントなど、すべては、花の美しさを表現するためにはじめたデザインワークです。

設計事務所勤務後、日比谷花壇にて店舗コンセプト・ストアデザイン・VMD総合監修・商品企画デザイン・イベントなど
ディレクションを行う。また、日比谷花壇季刊誌や各種プロモーション媒体などの企画編集、セミナーなどの講師も行いつつ、
ホテルウェディング・セレモニーホールのリノベーションやカタログディレクションなども行う。

Instagram
Instagram 始めました。
毎日の素敵な「ヒト」「モノ」「コト」など、1枚の写真に残して。

team