このエントリーをはてなブックマークに追加

お打合せは「とにかく楽しく!」ブーケは花嫁さまを思いながら丁寧に丁寧に

フラワーコーディネーター 大寺真由 Odera Mayu

ホテル店やゲストハウスなど様々なブライダルシーンでフラワーコーディネートを数多く提案してきた大寺真由。
最高の祝福の場である結婚式。お二人が会場へ入った瞬間の笑顔を想像しながら、日々、フラワーコーディネートの提案や製作を行っている。
当日はもちろんですが、お打合せもお2人にとって想い出となる大切な時間。 「お打合せは“とにかく楽しく!”をモットーに接客しています」という彼女は、お疲れだったり、喧嘩の後に来られたお客様にも最後は笑顔で帰っていただけるように、会話の中でボケてみたり、おもしろいことを言ってみたりと工夫。かしこまり過ぎず、丁寧ながらもフレンドリーな接客で、式を終えてから、一緒に記念撮影したいとご希望をいただいたり、お手紙をいただいたり、足を運んで会いに来てくださるお客様もいらっしゃったりと、彼女のファンは多い。

“日本の美からインスパイア

好奇心旺盛で様々な趣味を持つ大寺だが、特にアートを見るのが好きで、休日は美術館へ足を運ぶこともしばしば。中でも“浮世絵”の色合わせにとても惹かれ、コーディネートの参考にして取り入れることも。
そんな彼女の得意なコーディネートスタイルは、コントラストの利いたエキゾチックやダイナミックといったスタイル。
「あまり見たことのないお花で個性的に」というリクエストをいただいた際に提案したコーディネートもどこか浮世絵を思い浮かばせるような粋な華やかさを持つパープルとオレンジのコントラスト。
お客さまにも大変喜んでいただけて、大寺本人もお気に入りのコーディネートの1つになっている。

“花嫁さまの心のささえになりたい”

ウエディングブーケは花嫁さまが持つ大切なフラワーアイテム。背丈やお顔つき、その方が持っていらっしゃる雰囲気など人それぞれ違うので、お作りする際は、一人一人の花嫁さまのことを思い描きながら、その方に合ったサイズ、お花選び、色合わせを考え、丁寧に、丁寧に、お作りしています。
丹精込めてお作りしたブーケがモノとしてではなく、式の当日、花嫁さまの美しさを引き立ててくれる心強い相棒に。そして後にアフターブーケとして2人の人生の想い出の象徴となる時は最高に喜びを感じます。

Archive

     
  • 須藤俊哉
  • 古谷朋未
  • 金澤和央
  • 芹田博幸
  • 鈴木大輔
  • 大寺真由
  • 鈴木誉也
  • 渡辺光正
  • 澄川みゆき
  • 木村小春
  • 吉田真人
  • 渡辺真由