HIBIYA-KADAN 日比谷花壇

日比谷花壇の強み

日比谷花壇を知る10の真実

生花販売だけにとどまらないビジネスフィールドを持つ日比谷花壇。
業界トップクラスにして他に類を見ない私たちの最大の強みは培われた歴史と経験、そして事業領域の広さによる「総合力」です。10のキーワードから、私たちの強みをご紹介します。

少しでも興味を持ったらエントリー! マイナビ2019

No.1&Only1の強さを支える10の真実

売上、顧客件数ともに他社を圧倒的にリード

年間売上高218億円(2017年9月決済)/年間婚礼受注件数3万5千組/母の日出荷件数54万件

年間売上高は、業界2位の企業を大きく引き離す218億円(2017年9月決済)。
1年間に手掛ける婚礼件数は約3万5千組、母の日ギフトの出荷件数だけでも約54万件に上り、業界トップのビジネス規模を誇ります。

創業は明治5年。140年以上歴史的シーンを飾ってきた。

明治時代に始まった庭園業を原点に、以来日本を代表するホテルへの出店、宮内庁からのご用命、重要な外交シーンの会場装飾など、花屋の域を超えて歴史の重要なシーンの数々に携わってきました。

沿革を見る

1st業界初。宅配サービスやEコマースなど業界初の実績多数

結婚披露宴でおなじみの花束贈呈は、実は日比谷花壇が70年以上も前に発案したもの。
ブライダル会場の装花スタイル確立にも大きく貢献してきました。
宅配システムやITを駆使したサービスも、業界でいち早く導入しています。

ウエディング事業について

EC事業について

主要事業は6種。事業モデルは10モデル以上。

ブライダル、ショップ、EC、お葬式、法人営業、官民連携の6事業を基軸に、現在約16の多彩な事業モデルを展開。
フラワー業界に限らず、福祉や教育など様々な分野に続々進出しています。

事業紹介を見る

全国の主要駅や百貨店、ホテルなどに200店舗展開。

北海道から沖縄までの全国エリアで、約200もの店舗を展開。
そのうちリテールショップは約3分の1で、その他はホテルや結婚式場などブライダルを中心とした空間コーディネートを手掛けています。

全国の日比谷花壇店舗を見る

男女比4:6。男性も女性も等しく活躍できる環境

女性が多いと思われがちなフラワー業界ですが、当社は全従業員の3.5割を男性が占めます。そのうち正社員では6.5割にも。
育休・産休取得にも対応し、男女を問わず働きやすい環境です。
※正社員+契約社員の合計

全国に情熱溢れる仲間=アソシエイトが1,400人以上。

日比谷花壇の従業員数は、業界トップクラスの1,400人以上(アルバイトを除く)。
職種や役職に関係なく、従業員一人一人のことを「仲間」を意味する「アソシエイト」と呼び、それぞれが意志と絆を持って働いています。

グループ全体(13社)で幅広い事業領域を網羅

日比谷花壇には13ものグループ会社があり、それぞれが、生花店への加盟店事業、生花の仲卸や輸出入、ランドスケープデザイン、環境コンサルティングなど幅広い事業を展開しています。暮らしと会社の様々な局面で、お客様に感動をご提供します。

関連企業を見る

LTA [Life Time Association] 生涯を通じた価値あるおつきあいを

私達が目指すのは、お客様の人生の様々な場面で感動のシーンを演出し、想いを伝え、人と人をつなぐこと。様々なご要望にお応えできる総合力を強みに、ひとつの日比谷花壇「One-HIBIYA」としてお客様にアプローチしていきます。

boat+ 従業員みんなで共有するひとつのバイブルがある

「boat+」とは、お客様からの信頼を常に得られる企業となるための行動規範を記した私達のバイブル。どんな困難な時でも前を向き、お客様や地域社会のために「プラス思考」で挑戦し続けることを従業員全員で目指します。

私たち日比谷花壇は、単なる「お花屋さん」ではありません。花の可能性を必要としているフィールドは、この社会にまだまだ多く存在します。私たちとあなたの溢れる意欲で、新たなビジネスを切り拓いていきましょう。

少しでも興味を持ったらエントリー! マイナビ2019