HIBIYA-KADAN 日比谷花壇

仕事内容

Work Contents

多くの事業、仕事があるだけ、働き方も様々です。代表的な事業を例にとって、具体的な業務内容やスケジュールをご紹介します。それぞれの事業に支えられ、グループ全体で付加価値の高いフラワービジネスを展開しています。

  • ショップ事業の仕事内容を見る
  • バンケット事業の仕事内容を見る
  • 法人事業の仕事内容を見る
  • EC事業の仕事内容を見る

ショップ事業

■ホスピタリティ溢れる店頭

多様なギフトシーンに応じたフラワーギフトを提案ショップ事業では主に、百貨店や駅ビルをはじめとした商業施設にインショップするフラワーショップにて、多様なギフトシーンに応じたフラワーギフトを提案します。
毎年訪れる母の日やクリスマスなどの「物日」や、日常のライフイベントに至るまで、限られた接客時間の中で、お客様が想像するギフトシーンをイメージしながら商品を提案・制作していきます。

■1週間の業務の流れ

営業時間中は、お客様対応がメインではありながらも、ギフト商品の梱包配送作業や、近隣のオフィスや飲食店の定期装花の他、配達業務も行います。
商品・花材の発注や、季節ごとの売場ディスプレイに至るまで、店舗スタッフが担当します。

1週間の業務の流れ

■立地に応じたブランド展開

日比谷花壇のフラワーショップは、百貨店やオフィスビル、ホテルに展開し、高価格帯のギフトを得意とする「HIBIYA KADAN」や、駅ビルを中心に展開し、雑貨なども幅広く扱うカジュアルブランドの「Hibiya-Kadan Style」を軸に、立地や商業施設の顧客層に応じて複数のブランド展開をしています。

立地に応じたブランド展開

■お客様の想いに寄り添ったギフトアドバイザー

お客様の「ありがとう」や「おめでとう」、ときにはお悔みの気持ちやメッセージを花で表現する仕事です。ご来店されるお客様はもちろん、ギフトを受け取る方もイメージしながら、単にお花を制作・販売するだけでなく、お客様の想いに寄り添うことを何より大切にしています。

バンケット事業

■ホテルや結婚式場が私たちの舞台

フラワーコーディネーターバンケット事業では主に、提携するホテルやゲストハウス、結婚式場のフラワーコーディネーターとして、ウエディングをメインとした空間コーディネートやブーケの制作を行います。花だけでなく、ペーパーアイテムやテーブルクロスなど、会場全体のコーディネートを行い、新郎新婦が描く「世界観」を具現化していきます。

■1週間の業務の流れ

婚礼は主に週末に集中することから、一週間単位で仕事が進みます。仕入れた花材の下準備や、花器やキャンドル、リボン等の資材も週末に備えて準備を行います。また、公共空間であるロビーやレストランの定期装花の他、施設で行われる婚礼以外の各種パーティーやセレモニー会場装飾も私たちの仕事です。

1週間の業務の流れ

■何よりもまずはチームワーク

週末は、準備をしてきた装花を、いよいよバンケットと呼ばれる宴会場へコーディネートしていきます。
業務は複数の会場で同時進行するため、1日に10件を超える婚礼をコーディネートすることもあります。
また、これから婚礼を控えた新郎新婦との打ち合わせも週末に集中します。

何よりもまずはチームワーク

■一生に一度の感動演出

コンセプトメイクからデザインまで一組一組オリジナルのコーディネートを提案します。 何ヶ月もの期間をかけて、新郎新婦の想いに寄り添いながらイメージをくみ取り、一生に一度の大切な日をチーム一丸で演出します。とても緊張感があり大変な仕事ですが、それ以上に大きなやりがいを感じられる仕事です。

法人事業

■BtoBの領域で、花とみどりの可能性を

ビジネスフィールドは多岐に渡ります企業が抱える悩みや課題に対して、花が持つ特性を活かしたソリューションを提案します。
花のモチーフ、柄、香り、風味などを用いた企業とのタイアップ企画提案、大手流通へのOEM商品企画、商業施設やショールームにおけるクリスマスをはじめとした季節装飾や、インテリアグリーンを用いたオフィス空間のリノベーションなど、ビジネスフィールドは多岐に渡ります。

■案件により大きく異なる業務スケジュール

法人事業の業務の流れは担当する業務により異なります。クリスマスの空間装飾を例にとると、実は半年以上も前から動き出しています。自分でお客様を見つけることから始め、デザインの提案や施工を担当する外部企業の進行管理、施工当日の現場立ち合いからクリスマス後の撤去まで、担当する案件を一貫して携わることがほとんどです。
手掛ける案件は1日で完結するものから、1年かけて準備を行う大型案件まで、金額や規模により様々です。

案件により大きく異なる業務スケジュール

■花のターゲットは無限大

企業が、顧客や従業員とはかるコミュニケーションも多様化することで、企業が持つ課題も複雑化しています。「花」という、ターゲットを選ばずに想いを伝えることができるツールを活用し、私たちを取り巻き常に変化し続ける環境への対応手段を考える仕事です。花の活用フィールドを常に開拓し続けています。

EC事業

■業界先駆けのネットショッピング

全国でご利用いただけるインターネットを介したお客様の想いをフラワーギフトに託すお手伝いオンラインショッピングサイト「hibiyakadan.com」の運営を軸に、ITツールやWEBマーケティングを駆使した、スピード感あるビジネス展開により新規マーケットを開拓し続けています。
全国でご利用いただけるインターネットを介して、ショップ事業同様にお客様の想いをフラワーギフトに託すお手伝いをしています。

■チームに集うプロフェッショナル

自社通販サイトの他、Amazonや楽天市場をはじめとしたショッピングモールサイトや、多様な業種の提携企業サイト上でのフラワーサービスの提供など、幅広く販売チャネルを展開しています。
そうした外部の企業と関係を構築する営業担当がいる他、マーケティング、WEBページ制作、商品企画、自社コールセンター運営に至るまで、同じ部署の中でも担当業務は様々です。

チームに集うプロフェッショナル

■花に触れる「キッカケ」創り

EC事業の中でもとりわけ力を注いでいるのが、顧客層拡大のための商品企画です。
スイーツやファッション、雑貨など、様々な有名企業とのコラボレーション商品や、ディズニーをはじめとしたキャラクターライセンスによるオリジナル商品を手掛け、普段、花と接点を持たない層にアプローチできるメディアで情報発信をするなど、Eコマースならではの方法で、新たなお客様との接点を増やす取り組みを続けています。