HIBIYA-KADAN 日比谷花壇

11月 弦空

11月 弦空
「弦空」というテーマから、「空・月・寒さ」などのイメージを感じました。冬の厳しさ、寒さを伝えるようなシルバーグリーンをメインに、グラデーションを意識し、花材をチョイスしました。重厚感のあるグリーンと冷たさを感じるシルバーグリーンを組み合わせることで、夜の空と月の光を表現し、軽やかなグリーンをリズミカルに入れ込み、テーマ曲との調和を図りました。
内海 一法 Kazunori Utsumi
小山孝志 Takashi Oyama
ンケット事業部にて、ゲストハウスでの婚礼装花、フューネラル装花に携わった後、ショップ事業部に異動。葉物・小花をたくさん使用したデザイン、季節を感じる色使いを得意としています。お客様が旬のお花を楽しんでもらえるような仕入れを行い、ご自宅用にもギフト用にも楽しめるよう心掛けています。

2019年カレンダー Original Movie



壁紙ダウンロード

1920x1080