HIBIYA-KADAN 日比谷花壇

ifeel

ifeel日比谷花壇

女性によるクリエイティブディレクションチームが様々なアートワークのお手伝いを致します。
「モノのデザイン」から「コトのデザイン」へ
日々の暮らしの中で、「素敵なモノ」だけでは、こころがときめきません。
その「モノ」のデザインの後ろにあるもの、ストーリーがなければ、こころに響かない、と私たちは考えています。
デザインのひとつひとつがつながり、世界観をもった全体像を感じることが大切だと。
「HIBIYA KADAN ifeel」は、クリエイティブディレクター・石賀美樹を中心に、女性スタッフたちが感じるストーリー、さまざまなコトを「旬の花」と「こだわり」のデザインディレクションにてご提案します。


HIBIY-KADAN ifeelへ

2019年日比谷花壇オリジナルカレンダー「花符」


KaFu -花符-イメージムービー
1年365日の四季の移ろいを、音楽と映像でお楽しみください。

移りゆく1年を花で表現した
オリジナルカレンダー


花とともに暮らす一年を贈る。
映像と音楽で楽しむ2019年カレンダー。

2019年日比谷花壇オリジナルカレンダー「花符」。
薄羽のような1分1秒を1枚ずつそっと重ね、1日となりやがて365日が紡がれます。
過ぎてゆく日々を慈しめるように、たおやかな映像と音楽とともに美しい花を楽しめるカレンダーです。

オンラインから購入できます。

表紙 LIFE

リズムのように一刻一刻と喜怒哀楽で溢れる毎日は、あなた次第でいろんな色へ彩られる。
きっと明日はいい日になる。あなたらしく、色んな色へ彩りある一年を過ごして欲しいという気持ちを込めて。


中山奈々 Nana Nakayama
ホテル・ゲストハウス・ショップで幅広い業務を経験。
ナチュラルスタイルのデザインを得意とし、さまざまなショップ形態での経験を活かして活躍中。
チームの力でお客様の多様なニーズに応え、期待以上のご提案をして喜んでもらえるように日々励んでいます。

2019年カレンダー「花符」壁紙ダウンロード

Collaboration Creators

山﨑宗磨 (演出家・イベントディレクター)
数々のファッションイベント・ショー・エンタテイメントの演出を手掛け、独自のストーリーを軸にした演出手法とイベントディレクションは各方面から高い評価を得ている。
Casey Arai (音楽家・ミュージシャン)
TV・CM音楽制作、アーティストへの楽曲参加・提供、自身もミュージシャンとして活動する傍らアート音楽ユニットARMATELのGt/Voとしても活動中。
高岡真也 (映像作家)
世界中の音楽、ダンス、アートとのコラボレーションをしながら様々なプロジェクトに参画。旅する映像作家。独創性溢れる映像世界には定評があり、多くのアーティストから支持されている。



日比谷花壇2018カレンダー

Creative
女性の髪を夜空に見立て、流れに沿って12星座を表現する花々をあしらいました。
大振りのディープピンクのダリアで火をつかさどる星座『おひつじ座』を、中央のキセログラフィカで勇敢な『かに座』を、というように花の形や色・質感で星座を表現しています。
表紙に相応しく夜空に瞬く無数の星のように溢れんばかりの花を使い、充実した一年間になる期待感を感じてもらえるような作品に仕上げました。
渡辺麻美 Mami Watanabe
渡辺麻美 Mami Watanabe
フラワーコーディネーター
時代の流行やニーズを取り入れ、強みである自由な発想からインスピレーション溢れるクリエイティブを得意とする。ウエディング、空間装飾、店舗ディレクションなど得意分野は多岐にわたり、モダンかつシンプルなクリエイティブは国内外から高い評価を得ています。
-使用花材-
ダリア、ラナンキュラス、グロリオサ、アリウムスネークボール、リューココリーネ、 ミモザ、パンジー、キセログラフィカ

Hair&Make Up -Atsuko Ohtsu-さん

美容専門学校卒業後、アパレル会社にてプレスを担当。
退職後、再度知識と技術に磨きをかけ、フリーランスとして広告、TVCM、ファッションカタログ等で活躍中。
メイクアップスクールでの講師経験を持ち、メイクレッスンやワークショップも行う。『素材の持ち味を生かす』をモットーとしながら、メイクを作品全体の重要な一要素として捉え、アパレル経験を活かしたファッションの視点から出来る提案が強み。
オーガニックコスメやインナービューティの知識も深く、美しさは内面から、を信条としている。